出前授業

ABOUT
出前授業とは

伊藤組の社員が学校へ訪問し、鳶土工職に関する仕事を実際に体験してもらう授業のことです。授業内容は様々ですが、ベースとなるのは、建設現場で最もよく使われているビティ足場(枠組足場)、もしくはビケ足場(くさび緊結式足場)のどちらかを事前に選択してもらい、その足場を実際に組み立てるといったカリキュラムです。 そこから少し発展すると、鳶2級の課題に挑戦するというカリキュラムとなります。学校や学年、レベル等に応じて、授業内容を構成しています。

実際に社員と触れる機会になるため、先輩社員と話したり一緒に作業することが入社の決め手になった社員も多数います。
授業中に気になることを質問できる場も設けますので、お気軽にご質問ください。

また、出前授業の様子は基本的に公開することはなく、本サイトに掲載されている学校様はご厚意の上で公開させていただいております。
機密厳守で取り組みますので、ご安心ください。

FLOW
出前授業までの流れ

出前授業の受付
12月下旬と1月上旬を除いた時期に対応しています。
同時期に行うことが一般的ですが、学年ごとで時期を変えて行うことも可能です。
お気軽にご相談ください。
受付〜当日の流れ
打ち合わせの日程の決定
当日は専務が学校へ伺います。
打ち合わせ
出張授業の概要やカリキュラムについての話をします。
出張授業の日程の決定
学校長の承認を得ます。
会社の説明と簡単な講義
直轄の職人によるデモンストレーション
鳶土工職に関する仕事体験
グループに分かれ、
足場を組み立てるところから解体するところまでを実際に体験していただきます。
質疑応答
グループに分かれ、
授業は150分程度で、休憩を一度挟みます。授業を担当するのは人事担当である専務、三重県木曽岬資材センター長、直轄の職人で、人数は生徒数に合わせて決めています。 職人については各学校のOBから選出するようにしており、アットホームな雰囲気の中で進行できるよう心掛けています。

PRICE
費用

無料

足場材なども持参しますので、特に用意してもらうものはありません。

PERFORMANCE
過去の授業実績校

  • ・佐織工業高校
  • ・名古屋市工芸高校
  • ・名古屋工業高校
  • ・東海工業専門学校

OTHER
その他

昨年から技能五輪出場を目指す高校生2名のサポートをしています。三重県木曽岬資材センター長が中心となり、毎週金曜日、多い時だと月に11回ほど教えています。こちらも費用は無料で行っており、若い人材の育成に貢献できればと思っています。
ご興味ある方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ