とび工 稲垣 勇太郎

INTERVIEW

INTERVIEW

とび工 稲垣 勇太郎

とび工
稲垣

知識と経験を積めば、指示を出して
現場を管理する仕事もあるので、定年まで安心して働けます。

とび工 稲垣 勇太郎

2008年入社 工事部2課

稲垣 勇太郎YUTARO INAGAKI

中途採用で、伊藤組の仕事をスタート。

  1. 私が伊藤組を選んだ理由
    元々は別の業種の仕事をしていて、ハローワークに行った時に伊藤組の求人票を見つけました。求人票に書かれていた給料が割と良く、仕事(鳶職)に対しては楽しそうなイメージがあったので、話を聞いてみることにしました。
  2. 伊藤組での現在の仕事について
    商業施設やマンションの足場の組み立て・解体をしています。
    作業員として同じ現場に一年、二年と入ることもありますが、現在は色々な現場のサポートにまわっています。その日によって場所や作業内容も違うので、とても勉強になります。
    あとは、職業体験の講師等の仕事もあります。学校や施設に行って、学生や希望者の方に説明をしたり、見本をみせたり、体験のサポートをしたりしています。
  3. 仕事のやりがいについて
    鳶職は、色々な業種と関わりを持って作業する職種なので、幅広い知識を持てるのが魅力です。
  4. キャリアアップや仕事に関するこれからの目標について
    鳶職と言えば肉体的にきついイメージもありますが、知識と経験を積めば、作業員に指示を出して現場を管理するような役職もあるので、定年まで安心して働けます。
    休日もしっかりとあり、現場の状況にもよりますが、事前に言えば休みたい時に休むこともできます。GW、盆、正月などの大型連休もあります。
    体が資本なので、健康管理に気をつけ、日々頑張りたいです。
  5. これから伊藤組に入社される方へのメッセージ
    焦らず、優しく、手取り足取り指導しますので、一緒に頑張りましょう。