内定者 後藤 崚介

INTERVIEW

INTERVIEW

内定者 後藤 崚介

内定者
後藤

伊藤組のような大きな会社であれば
目標が見つかった時の活躍の場が広がる。

内定者 後藤 崚介

2018年入社 工事部2課

後藤 崚介RYOUSUKE GOTOU

2018年名古屋工業高等学校を卒業し、同年伊藤組へ入社。
入社から大きな成長を遂げ、現在は新卒社員ながらも現場で活躍している。趣味はボウリング・ビリヤード・フットサルなど、アクティブかつ多彩。休日は遠出をする場合もあれば自宅でゆっくり過ごすこともある。

  1. どういうきっかけで伊藤組で働くことになったのか教えてください。
    高3の時に竹中工務店さん主催の職場体験会で伊藤組の足場組みを体験をした時に楽しかったので、興味が出ました。
    元々鳶職には興味がありませんでした。怖いイメージもありましたし…
    でも、職場体験をしてみてイメージが変わりました。先輩社員さんが優しく教えてくれて、思っている建設業界とは違い、楽しめそうな雰囲気がありました。
    伊藤組に最終決定する前は、内装業者とかを検討していました。体を動かすことと物を作ることが好きだったので。当時の素直な気持ちを学校の先生に相談したら、伊藤組を猛プッシュされました(笑)社会人経験をしている先生方から見て、伊藤組の安定した経営が魅力的みたいです。ぼくが知っている先輩がいましたし、家から近かったことも大きいです。
  2. 伊藤組のどのような点に魅力を感じましたか?
    先程お話しました職場体験会が圧倒的に魅力的でした。その後に先生と一緒にホームページを見ていた時に、会社の内観・外観が綺麗だったので、こんなきれいな建物で働けるなら良いなとも思いました。正直、応募時点では業界についてはあまりわからないまま飛び込みました。
  3. 伊藤組に入社する際に、親御さんや学校の先生などに何か言われたりしましたか?
    両親と先生共に賛成でした。両親からは力仕事と怪我について心配がありましたが、他は全面的に賛成です。
    先生に至っては猛プッシュです(笑)長く続いている企業で、安全対策や社員教育をしっかりしている企業だから無理のない範囲で成長できると言われました。
  4. 伊藤組の選考で印象に残ったことを教えてください。
    面談は和んだ雰囲気でできました。とても温和な人柄の方ばかりでしたので、この選考の感じで働いていけるのであれば、一般的な建設業界のブラックな感じは全く無いと感じました。
  5. 初めての社会人になるにあたり、研修制度などに不安はありますか?
    正直、不安はかなりあります。仕事についていけるかどうかわかりませんし、配属先の先輩がどんな人かもわかりません。考え出すとどんどん不安なことは出てきますが、どの会社に行っても不安なことはつきないと思います。
  6. 将来やりたいこと
    今すぐの目標はないですが、一日でも早く仕事に慣れるように頑張っていきたいです。直近の目標がないからこそ、伊藤組のような大きな会社であれば目標が見つかった時の活躍の場が広がると考えています。
  7. 最後に就職活動している方へ一言お願いします。
    求人票を出された時から見たほうがいいです。自分と向き合うことが大事なので、そのためにも絶対に取り組んでください。
    ぼくは自分が働きたいと思える企業と出会うことができましたが、実際には良い企業に出会える人は少ないと思います。しっかりと自分と見つめ合って、働きたいと思える企業を探してみてください。